こどもたちのやることを見ていたら、興味が沢山わいてきました

いらっしゃいませ 

いつものようにお待ちしておりました

 

我が家の味方です 

我が家の味方です

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
いいからいいから

今日は、最近ではもっとも春らしい日だった気がします。
寒さが大敵な私は、下着の上にYシャツ・作業ジャンバー・防寒着・ベンチウォーマー
順で着込み、チャリンコで出勤してます。
遠くから見るとダルマのように見えると言われていますが、
見た目でなんと言われようとも寒いのは寒いんです。
寒いところへ行ったらどうなっちゃうんでしょう?

それこそ恐怖です

過日絵本の紹介で、”いいからいいから”という本を紹介しました。
とってもゆるゆるおじいちゃんの絵本です。

作者は、長谷川 義史さんとう方で、このような絵本を書かれています。

私が一番最初に読んでとりこになった本が↓↓↓これです
うえへまいりまぁす (PHPわたしのえほんシリーズ)うえへまいりまぁす (PHPわたしのえほんシリーズ)
(2003/02)
長谷川 義史

商品詳細を見る


家族でデパートへ買い物に行くわけですが、ページをめくるたびに上の階へ
行くわけです。
だんだんおかしなことになってきます。
買い物に来ていると言うよりも、もう旅行に来ていると言うか・昇天しているというか・・・・

とにかくこの方のシリーズは読んでいただきたいです。

昔から絵本は、仲良く遊ぶとか、泥棒はしないとか、うそをつかないなど
道徳を教えるものとして重宝してきました。

今でも基本はその辺にあると思いますが、逆の発想で、
腹の底から笑えるものって、なかなか無いと思いませんか?

子どもと一緒に本を読んだ後、想像を膨らませてもっとおかしなことになって・・・

私は、親子でも、兄弟でも友達でもコミュニケーションの手段としての絵本も
大切だとおもいます。

このシリーズの本は、それにぴったりのものだと思いますよ。

今日もぽち、なにとぞよろしくお願いします。


 
2008/03/03 23:00|図書室TB:0CM:5
面白そうですね。
確かに絵本は教育的なものが多いですものね^^
一度読んでみます。 
虎龍 #-|2008/03/03(月) 23:36 [ 編集 ]

長谷川義史さんの絵本i-179好きですi-178
大胆な絵といい、内容といいi-234
私個人の意見ですが、絵本に教育的な効果は期待せずに、お母さんたちがお子さんと一緒に読んで、楽しいという気持ちを共有して欲しいと思うのです。 
気まぐれ猫 #MDo56pwE|2008/03/04(火) 13:02 [ 編集 ]

これは面白そうですね。
商品詳細も見ましたが、子供だけに読ませるのは惜しい。
絵本とは思えないような濃い内容。
 
桃源児 #-|2008/03/04(火) 16:10 [ 編集 ]

その絵はたぶん面白シリーズだと思います。
そんな本がうちにもありました。
子供が好きなんですよね、そういう本。 
たくたくろ #-|2008/03/04(火) 17:46 [ 編集 ]

子供は基本的に親が望んでいるような
道徳的のものは望んでないようでv-8
このようなものが喜ばれますv-10
娯楽として楽しんでください

きまぐれ猫様
ご存知だと思ってましたv-426
楽しい時間が共有できること、
子供の一生のうちで、
一緒にいる事が出来る僅かな時間をこんな形で費やすのも良いですよね。

桃源児様
作家さんとお聞きしているので、
そんな方に興味を持っていただけるとは、
おそれ多いです。
内容は、ここでは話せませんが
濃いですよ~v-319
図書館にもあると思うので、
気がついたときにでも手にとって見てください。
きっと虜になりますv-314

たくたくろ様
お持ちでしたか?
うちでは、完璧つぼにはまってます。
オーソドックスな”絵本”より
こんな本を子供たちはたくさん見つけてきます。
 
By B #-|2008/03/04(火) 20:00 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://byb8787.blog31.fc2.com/tb.php/81-c28479cb

こちらもどうぞ 

 

○●○●○●○●○● 

 

またお待ちしております 

 

今日もあなたの一押しを

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。