こどもたちのやることを見ていたら、興味が沢山わいてきました

いらっしゃいませ 

いつものようにお待ちしておりました

 

我が家の味方です 

我が家の味方です

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

思い出   

少し前の話です

デジカメで撮りためた写真を整理していました。
大して上手なものではないけど、数だけは自身があります。←あまり意味なし・・・


現在私の居住区域は工場地帯に歩いてけるような距離の場所です。
そんな中で私は育ってきました。

田舎に異常ともいえるほどの憧れを持っていました。

私の母親は東北の出身で、小さい頃から夏休みになるたび長期にわたって
その母親の実家に滞在しました。
私自身の弟が生まれる時は里帰り出産だったので、2ヶ月以上滞在したこともありました。
中途半端に田舎らしきところにいけることがその執着心の始まりだったのかもしれません。

大きくなってからも年に1度以上は訪れていましたが、
結婚を期に10数年前からは、ほとんど足を運ぶことがなくなりました。

しかし昨年、ふとしたことから、子供たちもつれて訪れる機会が出来ました。
あまり写りがよくありませんが、その時に撮った写真です。




写真上の手前側芝生のように見える部分は昔は田んぼでした。
中央に見える道路も20年ほど前までは未舗装の砂利道。
絵に書いたような田舎でした。

都会のこどもになっている私たちの子どもはどんな反応をするか少々不安でした。
つれてきたのは本当に赤ちゃんの頃でしたから・・・

都会の生活では、
身近に店があり、
買い物も手軽にいくことが出来、
近所には友達が沢山いて
遊ぶ場所があり・・・・

それとは全く対照的な場所です。
IMGA0920.jpg

何も無いんです。

でも子どもたちは、私たち親は何も言いませんでしたが
あの暑いさなか歩き回り、蝉取りや林探検、
小川で水遊びをしていました。

私たち親世代の兄弟、親戚もここで同様の体験を長い間してきました。

「もっといたい」帰り際の子ども達の言葉に私は考えました。
無いものねだりなのかなぁ?
心中は正直よく分かりません。


物質的には便利な場所で育ってきた子供たち。
精神的な豊かさに乏しい子供たち。

子どもたちは、時間がたてば自然と大人になっていきます。親が子供たちにしてあげられること。

だけではないようです。

私も昔の思い出を振り返るように歩きました。
30年以上前の記憶が鮮明によみがえります。
物より思い出→日産のCMのキャッチコピーですがまさにそのとおりだと思う。

この夏、私は懐かしさで涙が出ると言う体験をしました。

親戚も少なくなり、今後泊まりに行くことも少なくなる寂しさ。
母の実家の写真を見るたび胸がつまります。





 
2008/03/01 23:25|放課後TB:0CM:6
私も昔の風景が忘れられません。
田舎の未舗装の道路など、昔の風景にありました。
懐かしいとはいっても、もう戻れないのですから涙も出てきます。
そういう思いでの多くが人間の感性を育ててゆくのだと思います。 
たくたくろ #-|2008/03/02(日) 00:34 [ 編集 ]

田舎に限らず、懐かしい風景がすくなくなっていくのは、
寂しい限りです。
おっしゃるとおり、戻れない過去ですから・・・
次世代の人間達(子供たち)に、その感性を育てるのは私たちですね。
そんなにうまくはいかないですけど・・・
 
By B #-|2008/03/02(日) 12:20 [ 編集 ]

いい写真と絵でした。
懐かしい日々を思い出させてくれました。
今は亡き祖父母の所とか、子供の頃に住んだことがある田舎町とか。
その場所は確かに今もあるけれど、その頃とは違ってしまっている。
 
桃源児 #-|2008/03/02(日) 16:29 [ 編集 ]

私も父方も母方も早くに祖父母は亡くなってしまいました。
ほんのわずかな記憶しかありませんが、
その懐かしさが度々私を襲います。
σ(´▽`*)
時代の流れは情け容赦ないですね。
 
By B #-|2008/03/02(日) 21:22 [ 編集 ]

私が子どもの頃はテレビゲームも無く、もっぱら外で遊び回っていました。
それこそ自然の中で!
今では良い思い出になっています。
あの頃のこと、思い出しました。
素敵な風景をありがとうございます。 
気まぐれ猫 #MDo56pwE|2008/03/03(月) 12:11 [ 編集 ]

やっぱり外遊びが専ら多かったですよね!!
自然はなかったけど、友達たくさんで遊んでいた気がします。
あのころに戻りたいv-409
と、本気で思ってたりします。(笑) 
By B #-|2008/03/03(月) 19:29 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://byb8787.blog31.fc2.com/tb.php/79-9e6ca55c

こちらもどうぞ 

 

○●○●○●○●○● 

 

またお待ちしております 

 

今日もあなたの一押しを

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。