こどもたちのやることを見ていたら、興味が沢山わいてきました

いらっしゃいませ 

いつものようにお待ちしておりました

 

我が家の味方です 

我が家の味方です

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
書ききれなかった前回の続き

ゴメンナサイ中途半端に終わらせてしまって・・・

さて続き

CIMG1011.jpgこの金属部分がねじ込みと気づくまでにたいした時間を要したのであります

やっと分解できました
CIMG1014.jpg

ためしにこの金属部分に磁石を近づけたところくっつきませんでした。

も一方の分解したものがこれです。
CIMG1015.jpgCIMG1017.jpg
こちらのものは密閉型でトリガー部は分解することが出来ませんでしたが
外見から想像するに最初のものと構造はいっしょのようです。

もっと詳細な分解方法が知りたい場合は、こちらを参照してみてくださいな
やはり似たようなことをする人がいるんですな(@_@;)

このまわしてはずす金属部分の中に親玉らしきものが隠れていた。
ちゃっちゃっちゃ~~~~~~ちゃっちゃっちゃ~~~~~(火サス風)
ものすごく微量な砂の塊のようなものが出てきた。
これはもしかして、壊してしまったのか?
緑の部分と金属の部分に固めて入っていたのか?

粉々になったものを触っていいものなのかどうか判断できないため
これ以上分解することは諦めざるをえなかった。
なんだかすごく消化不良です。

wikiで調べたところやっと電子ライターの語源がわかった。
要約すると、1970年代に電池を使い電圧を上げ連続して火花を散らす装置から
由来するらしい。当時はだいぶ高価だったみたい。
でも、電子ライターのこの装置たたく(衝撃を与える)事によって、その物質(詳しくはここを参照)の内部で
電子の移動(これが一番説明するのに厄介だ)がおこり、
それを銅線を通して火花を散らす構造のため、電子を使ってるから「電子式」でOKのようです。

子供達に一番わかるように説明するには、静電気は下敷きをこすって電気が起きるでしょ?
あれと同じで、これはたたくと電気が起きるのだ。
起きた電気が、逃げ道(銅線)を伝って先に出てきちゃって、ビリッとパチッとするんだね。

たぶんこの説明が限界かな?

なんだか今回は分解に終始してしまった
くやしいなぁ色々実験考えていたんだけど・・
失敗は成功の元
おかげでそのほかの知識も増えたことだし、それをまじえて話してみよう。

次回も、子どもたちのはしばしに出てくる面白い疑問に
勝手に親が挑戦してみるのだ。

見ておれ息子達!!!

↑↑↑そんな人間を応援してくれる方ぜひ1クリお願いします。
詐欺ではありませんので安心を
 
2008/02/01 05:28|実験室TB:0CM:5
またやってますね。
私もびりびり苦手です。
最近は静電気に苦しんでおります。
実験は楽しいですね。応援ぽちっ。 
たくたくろ #-|2008/02/01(金) 13:18 [ 編集 ]

はい!!
実験大好きです。
正直申しますと、我が家では奥様が一番実験好きでございます。
分からないことは調べて納得するまで引かない者なのです。
キッチンは、私の実験場だとも申しております。
旦那様結構大変でございます。 
By B #-|2008/02/01(金) 16:07 [ 編集 ]

こんばんわ!
はじめまして!!

あし@から来ました。

理科の実験みたいで懐かしく、そして楽しく読ませていただきました。

また来ます。

応援完了!! 
たまご #-|2008/02/02(土) 01:16 [ 編集 ]

分解した後捨てるのが大変そうですね^^
勉強になりました^^ 
虎龍 #-|2008/02/02(土) 01:32 [ 編集 ]

こんなところへ来ていただき有難うございます。
そしてまた、応援有難うございます。
小学生の時、決して得意ではない分野でしたが、実験はまた違っていましたね。
これからも長い目で見てやってください。
よろしくお願いします。

虎龍様
いつも有難うございます。
今回もごたぶんに漏れず、数々の部品を飛ばしまくり、
後々奥様に大目玉を食らうのであります。
 
By B #-|2008/02/02(土) 10:54 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://byb8787.blog31.fc2.com/tb.php/49-e2ff2da3

こちらもどうぞ 

 

○●○●○●○●○● 

 

またお待ちしております 

 

今日もあなたの一押しを

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。