こどもたちのやることを見ていたら、興味が沢山わいてきました

いらっしゃいませ 

いつものようにお待ちしておりました

 

我が家の味方です 

我が家の味方です

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
実験動物学の父

本名:ラザロ・スパランツァーニ(Lazzaro Spallanzani, 1729年1月10日 - 1799年2月12日)

イタリアの博物学者。実験動物学の祖と呼ばれています。
Spallanzani.jpg

出展:WIKIより


1/10(一説では1/12)に生誕281年を迎えます。

ハエのような動物が自然発生しないことは証明されたが、
微生物が自然発生しないことは当時証明されていなかった。
1765年、スパランツァーニはフラスコに入れたスープを加熱殺菌し、
フラスコの口を溶かして密封する実験を行い、微生物も自然発生しないことを確かめた。
しかしこの実験では、密封したことにより発生できなくなっただけだとするニーダムの反論を招いた。
これは後に、パスツールの実験により確認され、生物の自然発生説は完全に否定された


簡単に言うと、まだカビは、まだ何もないところで自然に発生すると思われていました。
それを、そうでないということを証明したかったんですね。

彼には、逸話があります。
布袋に入れたパンを飲み込んだり、木筒に入れて飲み込んだり・・・
これだけ聞くとただの変人ですが、

彼は、自分の消化管を通ったその排泄物(うんこ)を調べることにより
消化をどのように行っていたかということを身を持って実験していたのです。
『自分の体で実験したい-命がけの科学者列伝』紀伊國屋書店 2007年

最近は、こどもたちを同じレールに乗せよう、力(腕力ではなく)でねじ伏せようという
ことが、まま見受けられます。

視点を変えましょう。

こどもたちが自分の目線で色々な発見をした時、大人たちはすべてそれを受け入れたか?

耳を貸せたか・・・・

今日は疑問文で終了です。

 
2010/01/10 00:01|科学者たちTB:0CM:4
パスツールの話は知っていましたが、この人が先にやっていたんですね。自分の体を使っての実験、科学者の鑑かもしれません。
 
桃源児 #-|2010/01/10(日) 05:34 [ 編集 ]

パスツールの話は凄く有名ですよね。

スパランツァーニは先に体を張っていたようですが、
他の科学者(ニーダム)に否定され続け、
後にパスツールが証明したようです。

さすが桃源児さんですね。
知識の広さには頭が下がります。
逆に勉強させてもらっています。
 
By B #-|2010/01/10(日) 23:59 [ 編集 ]

昔の人は歯が丈夫・・・と思いました。
胃腸も!
流れ星 しぶんぎ座流星群、しばらく夜空を眺めてみます。
 高校の頃 合宿で見たのが多分なにかの流星群。
願い事より、流れる星の数の方が多かったのを記憶しています。
シューティング・ゲームの様に。 
桃 #-|2010/01/11(月) 09:51 [ 編集 ]

高校時代とはいえ素晴らしいタイミングで
流星群にめぐり合えたみたいですね。
羨ましいです。
シューティングゲームのようですか!!
凄く沢山の流れ星がみえたんですねぇ~

春畑道哉(TUBEのギターリスト)がソロで出している
アルバム『MOON』の中に、「shooting stars」
という曲があるのを思い出しました。

 
By B #-|2010/01/11(月) 20:50 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://byb8787.blog31.fc2.com/tb.php/311-47590b53

こちらもどうぞ 

 

○●○●○●○●○● 

 

またお待ちしております 

 

今日もあなたの一押しを

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。