こどもたちのやることを見ていたら、興味が沢山わいてきました

いらっしゃいませ 

いつものようにお待ちしておりました

 

我が家の味方です 

我が家の味方です

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
何故つかぬ???

実際このようにして硬貨電池にします。←写真で見せた方が早かった(T_T)
4段重ね側面
(配線は電圧の計測のために多く写っていますので気にしないで下さい)

ただこれだけで電気が起きるなんてビックリ(@_@;)

実際に計測してみましょう。
1円・塩水に浸したろ紙・10円を1セットにして計測したものです。
↓↓↓↓↓
1セットで実験中レモン

このセット1つでなんと約0.5V

これを3~4セット作れば豆電球がつくはず!!!
単純に思ってしまったわけです。

豆球光るか試験中JPG
実際に豆電球がつくかどうか電池で確かめ、つくことを確認

そして・・・・・いざ点灯

・・・・・・あれ?・・・・・・・???・・・・・・・?????

↑↑↑
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

あまりのショックに写真取るの忘れました(+_+)

10円玉が汚れて接触が悪いのか・・・・レモン汁で10円玉を磨きました。
レモン汁と十円玉レモンで洗う

・・・・・・だめ・・・・・・・・

なんだ!電圧が足りないのかな?
つかない理由再点検①


????3.0V十分足りてます なじぇ????(ちょっとヒントが見えてます)


他に原因があるのかと考え、ここで、豆電球を接続しながら電圧の変化を
見ることにしました。

そして豆電球を接続した瞬間

つかない理由再点検②
電圧が、限りなく【ゼロ】に近くなってしまいました。


そうなのです。絶対的な発電量が足りないんですヾ(@゜Д゜@;)あらやだ


・・・・あらやだじゃないわい(▼ω▼怒)

次回は、なんとしてでも”光をともしたい"

別な手立てを考えます・・・(´‐` ;)ソ・・次回に続く

答え見えてるって(T_T)

  にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
↑ひとつづつ   ↑クリックすると   ↑あなたも実験したくな~る・・わけないか(+_+)


 
2008/12/12 22:48|実験室TB:0CM:12
こんばんは!
コメントありがとうございました。

昔この手の実験は確か
科学と学習という学研か何かので
毎月送ってきた教材の中に入ってたような気がしましたが・・・
あんまり覚えてないというのが実情です(苦笑)
なんとなくふわっとしたコメントで失礼しました
ランキング応援ポチっとしていきます!
またよろしくお願いいたします 
スーパーサイドバック #9L.cY0cg|2008/12/13(土) 03:00 [ 編集 ]

答え見えてるって・・・、
二回も続けてこれみよがしに写しちゃってるし。(爆
クイズにでもしちゃえばよかったのに、By Bさんらしくていいですね。
こそっと教えてくれたのに、それも何回も・・・。ブハハハハ!
とにあれ、次回はちゃんと着くところを見せてくださいまし。
お、お願いしますだぁーーーっ!! 
たくたくろ #-|2008/12/13(土) 10:11 [ 編集 ]

???
線の露出部分が少なくて赤いプラスチック(ゴム?)が
さわっちゃってるから?
 だいたいふつー電池って2本くらい使うよね? 
桃 #-|2008/12/13(土) 16:36 [ 編集 ]

手で触っているのがいけないとか?
或いは発電量が少ないということは枚数を増やさないといけないのかなあ。 
桃源児 #-|2008/12/13(土) 17:43 [ 編集 ]

ありましたありました!!がっけんの学習と科学!!
いまの子供チャレンジみたいなものでしょう。
本屋さんからとっている人同級生に沢山いました。
うらやましかったのを覚えています。
何だか色々楽しそうな物が付録でついていて、
親にねだった覚えがあります。
その反動でしょうかねぇ(^^ゞ
 
By B #-|2008/12/13(土) 22:30 [ 編集 ]

みちゃいやぁ~ん♥

クイズという手が有りましたね。はははっ\(≧∇≦)/
こそっと登場させることに意味があるわけ・・・ではありません。

しかし、あの【あれ】は、皆さんの家にはなかなか無いかもしれません。
私の本意ではないのですが、実験は続きます。

次回は、点灯しますから(゚m゚*)プッ
 
By B #-|2008/12/13(土) 22:33 [ 編集 ]

豆電球はだいたい1.5v(電池1本)あれば点灯しますが、
発電量が足りないので、豆電球に一瞬にしてでんきを吸われてしまった状態です。
すわれても豆電球は光ろうとするので、発電したそばから電気を吸い取っていきます。
豆電球は光らなくても、電機を吸い続けているのです。
だから、テスターのメーターも一瞬にして0Vになります。
電球をはずすと、また発電します。
この電池をほかにたとえれば、車などについている弱ってしまったダイナモかな。

 
By B #-|2008/12/13(土) 22:44 [ 編集 ]

電圧は満たしているのであとは、供給量を増やすためには
同じような形をセットでいくつか作り、並列つなぎをするとつくかもしれません。
今回そこまでは実験してませんが、お金をためて?そこまで挑戦したいです。
(゚m゚*)プッ 
By B #-|2008/12/13(土) 22:56 [ 編集 ]

こんばんは!
「なぜ発光しないか」
分かりました!!
それは
「絶対的な発電量が足りない」からだと思います。
それとやはり金額が満たされてないと言うのも
ヒントになりました。
10円玉ではなく・・・
千円札の方がきっと豆電球やる気になると思います。
ここは飴とムチです。しっかりと豆電球が納得する
金額を提示してみてはいかがでしょうか。 
keken #-|2008/12/14(日) 04:51 [ 編集 ]

884が抜けているような気がしますが・・・
リンクも抜けているような気がしますが・・・
1000円札・・・一万円札で無いところが私と一緒の庶民感覚で
バッチグーv-218です。
それは交渉の余地アリですね。
いったいいくらならついてくれるんだ~~(T_T)
私の財布の中身とも相談しなければいけません
(||゚Д゚)キョエ~~ 
By B #-|2008/12/14(日) 21:57 [ 編集 ]

へ~これだけで発電できるんですね(メモメモ)
ByBさんの子供は将来ノーベル賞学者になるかもしれませんね^^ 
虎龍 #-|2008/12/14(日) 21:57 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます 
#|2008/12/14(日) 22:14 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://byb8787.blog31.fc2.com/tb.php/241-82f5be23

こちらもどうぞ 

 

○●○●○●○●○● 

 

またお待ちしております 

 

今日もあなたの一押しを

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。