こどもたちのやることを見ていたら、興味が沢山わいてきました

いらっしゃいませ 

いつものようにお待ちしておりました

 

我が家の味方です 

我が家の味方です

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
小さな命

ブログで行き来のあるBLOG:タイムゾーン(オオカントクさん)の記事に

心臓移植でしか生きる道のないお子さんの話がUPされています。

いのちはみな当り前のように消費してしまう最近の生き方に、少し考えさせられました。

一生懸命生き延びたいという人の傍らに自ら命を絶ってしまう相反した現状がここにあります。
世の中には、まだまだ生きたいと願っている大勢の人々がいます。


人の命を左右するそんな力は持ち合わせていませんが、

そんな気持ちにさせられました。公式サイトトップのお父さんお母さんの記事を読み
子供を持つ親として、何かの足しになるのならと思いご紹介いたします。


  にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
↑ひとつづつ   ↑クリックする前に ↑上のリンクを訪れてくださいな
 
2008/11/06 00:17|道徳TB:0CM:12
生きるとは何なのか、本当に考えてしまいます。そうちゃんを救えのページを見ました。
心臓移植でしか生きる道がない。
生きたくても生きられない命。
生きられるのに生きようとしない命。
生きられる他の命を奪ってしまう命。
答えは見付かりそうにもありません。 
桃源児 #-|2008/11/06(木) 05:06 [ 編集 ]

子供の命を救うために活動するのは素晴らしいです。
それをブログでアピールするのも助けになるかもしれませんからね。
その方のページを紹介するのだって、立派なことだと思います。
By Bさんも立派な手助けをしていますよ。
聡太郎ちゃんが助かることを祈ります。 
たくたくろ #-|2008/11/06(木) 09:27 [ 編集 ]

それぞれの生き方。永遠のテーマの様な気がします。
 疑問が出たとき、私は猫を見て納得したりします。

最近の By Bさんの近況。まとめて読みました。
 え~、ブログお休みしちゃってますが
「依存」について記事を書こうかなと思ったので(書かなかったんですけどね)
その辺に焦点をあてて。

家業を継がれるにあたり、お父様への依存ぶりを再確認と
書かれていますが
とかく、依存というとよくないイメージがありますよね。
 それが、最近依存というと聞こえが悪いけれど
イコール 平行線で付き合えば、それはいいんじゃないと思っていた所です。
 お父様、By Bさん お互いの長所がよく見えていいですね。
 ご家業の末広がりを願って・・・・。
色んな話題でリフレッシュしましたっ。
 
桃 #-|2008/11/06(木) 19:42 [ 編集 ]

早速実行に移された、bさんの心遣いに深く感謝の気持ちで一杯です。

私には何の利益も無い事ですが、心が痛み ページで期限限定の緊急めーセージとしました。

それに共感して頂いた事に またまた感謝です。

早速、私のページのトップに更新しておきます。

命の輪、広げて下さい。時間が有りません・・・・ 
オオカントク #-|2008/11/06(木) 21:11 [ 編集 ]

今朝たまたま臓器移植をしてなくなったお子さんの報道を見ました。
子供がいないときは全く何も思わなかったのですが子を持つ身になってみると感情移入してしまい・・・
私も自分のブログに紹介記事を書いてみようと思います。 
虎龍 #-|2008/11/06(木) 23:10 [ 編集 ]

このようなことを言ってはいけないかもしれませんが
聡太郎ちゃんのことは、世間ではまだまだ認識不足
加えて、ほかにも多数の命の危機に迫られた方がいるということ
これも忘れてはなりません。
私またまたま聡太郎ちゃんの記事をオオカントクさんのブログで見つけました。
気になって調べたところ、ほかにもたくさんの方々がいることに
たいへん驚き、動揺を隠せなかった次第です。
聡太郎ちゃんが無事に助かることは願ってやみません。
そして、少しでも多くの命が助かることを願うばかりです。
 
By B #-|2008/11/07(金) 00:15 [ 編集 ]

助かってほしいです。
何よりも、多くの方々に知ってもらうことも大切。
たくろさんにも知っていただいたということで、
私も少しは役に立ったかな?
ほかにもこのような場面に出会うことがあるかもしれません。
その時、必ず思い出すでしょうね。 
By B #-|2008/11/07(金) 00:18 [ 編集 ]

復活の兆しありですか?
お元気でなによりです。
kekenさんが、大暴れしている????様ですが(^u^)
しばらく、経ってしまったので内容がかなり飛んでしまったかもしれませんね。
これからも、とき~どきのぞいてみてくださいまし。
私も、kekenさんの様子???を見にお伺いします。
 
By B #-|2008/11/07(金) 00:20 [ 編集 ]

微力ながら、参加させていただいた次第です。
私のブログにたびたび訪れてくれている、虎龍さんも記事にしてくださいました。
大変うれしいことです。
私も、少ないながら募金してきました。
金額は内緒ですけど(^.^)
輪が広がるとうれしいですね。
そして、聡太郎ちゃんが助かるかることが何よりの楽しみです。 
By B #-|2008/11/07(金) 00:26 [ 編集 ]

早速のご賛同ありがとうございます。
本当に、情報の伝達は早いものです。
このようなものを利用して、もっと住みやすい世の中に
代わってくれるといいのですが、
なかなかそうもいかないですよねぇ。
機械は、使い方によっては、武器になり兵器になり、薬になり、力になり
うまく使いこなさなければ、ただの箱ですし・・・ 
By B #-|2008/11/07(金) 00:29 [ 編集 ]

子お持つ親としての心境は一段と深いものを感じます。
関係される皆さんが同じ喜びを分かち合える日が来ることを祈ります。

そして医学の進歩にも期待をいたしております。

私の母は7年前に癌で
先生から「余命6ヶ月。覚悟だけはしておいてください。」
と言われました。

手術をした場合、本人の体力によりますが
可能性は30%と言われました。
勿論可能性がある限り手術に賭けました。

1年入院の後退院・・・

その後母は韓ドラにハマリ
韓国旅行2回
今も元気です。

癌は治る病気
と言うこを実感し
医学の進歩に大変感謝しました。

心から応援させていただきます。

※私自身の大暴れの症状は、回復の兆しが見えております。
ご心配をお掛けいたしました。 
keken884 #-|2008/11/08(土) 01:29 [ 編集 ]

驚きました。
あの明るさの陰にそんな大きな出来事が隠されているとは・・・
私も、祖父祖母や叔父叔母が癌で亡くなっている方が多く、
小さい頃から、それに対しての漠然とした恐怖は今でも持ち続けています。
身近に、kekenさんのような話を聞くとその恐怖も、ぬぐい去ることが
出来そうな気がします。
いいお話をありがとう!!

おおあばれの兆し回復しちゃうんですか?
私は、もっと暴れて欲しいという気持ちを込めて参入しましたが(゚m゚*)プッ
また遊びにいっちゃいましょう桃の園へ( ´艸`) 
By B #-|2008/11/08(土) 10:39 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://byb8787.blog31.fc2.com/tb.php/230-401b70ad

こちらもどうぞ 

 

○●○●○●○●○● 

 

またお待ちしております 

 

今日もあなたの一押しを

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。