こどもたちのやることを見ていたら、興味が沢山わいてきました

いらっしゃいませ 

いつものようにお待ちしておりました

 

我が家の味方です 

我が家の味方です

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
まじめなはなし

と書いたところで、皆さん引かない様に

しばらく前にモンスターペアレントの記事を書きました。

当時の記事です

モンスターペアレントは、学校または教師に対して自己中心的で、
理不尽な要求を繰り返す保護者を指す言葉として最近も話題に事欠きませんが

確かに、そういう方々が実際にいることを否定はいたしません。

が・・・

モンスターティーチャーがいることも忘れてはいけない。

本当は、ここに私の把握している色々なことを書きたいのですが、
それではただの攻撃で終わってしまうので、それは避けたい。

でも私がいいたいのは親も先生も質が下がっているのは確実。

さびしいはなしです。

何かの本に書いて有りました。
攻撃的社会構造・・・

会社では、上司に「そんなことも出来ないのか?」
お客さんに営業マンは「まだそんなことが出来ないの?」
親は子供に「またそんなテスト点数とって!!!」
先生は子どもたちに「あんたたちのせいで学校が問題になったらどうするんだ」
子どもたちは自分より弱い子に「なにやってんだよ、そんなことも・・・」


何か情緒不安定
イライラが原因です。

これを見て、一番末端の弱い人はどうしたら良いですか?
なににその気持ちをぶつけるのでしょうか?
どこに逃げ場があるんでしょうか?

某大会社で、法令順守(コンプライアンス)という名の元に
ありえないほどの規則を、加速的に築き上げているところがあります。

規則を守らなければ、公的な罰則に近い処分

それによって守られるのは、大会社の身だけです。

しわ寄せはその会社に協力している人たち
利害関係が無ければ、おそらく離れていってしまうでしょう。
そこには金だけのつながりしかありませんから(-"-)
人の気持ちでつながるなどということは、そこでは絵空事です。

みんな自分を守ることで精一杯
他の人の身を守る余裕すらありません

そうです。弱者も今の時代は誰の助けも得られず一人で生きていかなければいけない。

子供たちの社会の単位である学校でも大人の社会の縮図のようなことが
おきています。

先生も自分の身を守ることで精一杯


あまりにも話が抽象的過ぎてわかりにくいことを書いてしまいました。
身近なところで、そういう事件が散発しています。

私はその話を聞くだけで何も出来ません。
本当に辛くなることが有ります。
正義の味方づらをするつもりも有りませんが、せめて自分の子供を守りたいと思った。

モンスターティーチャーにはやはりモンスターペアレントントで
対抗するしか無いのでしょうかねぇ?
「子ども達が学校で人質にされている」・・そう思うこともしばしば
さびしい話です。
話の収拾がつかなくなってきたのでこの辺で一旦CMです??

  にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
↑ひとつづつ   ↑クリックされると ↑何か光が見えてきそうな気がします




 
2008/10/10 22:45|保護者会TB:0CM:28
来てくださりありがとうございます♪
モンスターペアレンツ・・重症なのはまだまわりにいませんが、自分の子供を守るためと称して、色々先生に要請している方はいらっしゃいますね。
私は先生にお任せします。っていうタイプだからなあ。
どんな先生にでも対応できる人間にならないとって思っちゃうなあ。
でも先生によって子供の人生が変わるのも事実。変な先生はやはり注意して見ていかなくてはならないのかも・・。パワハラが一番厄介ですよね。
大人の中でもホントストレスだらけ。事件もおこるというわけです。
みんなわざわざストレスためようためようとしてるんだもの。みんなが大らかになればこの世はもっと住みやすいのになあって思います(*^_^*)♪甘いかなあ??ぜんぽち
光見えてきました?? 
ゆみぴい #-|2008/10/11(土) 00:05 [ 編集 ]

周囲の目というのも大事でしょうね。
勿論、大多数の方々が普通の親御さんであり、普通の先生です。
(どの当たりを取って普通なのかは難しい話ですが)
しかし、少数の人たちの影響が少しずつ広がっていくのも事実です。
本当はお任せしたいですけどねぇ。
ストレスって日本語に訳すと何になるんでしょうかね。
 
By B #-|2008/10/11(土) 00:47 [ 編集 ]

CM中にコメントさせていただきます。(笑)

私もBy Bさんと同じ意見です。
今の大人たち(自分も含む)は、精神的に病んでいると思われます。
そんな親が育てるのですから、子供だって大変でしょう。
教師もおかしければ、親もおかしいのです。そして互いに責任をなすりつけあっているんですよ。
確かにコンプライアンスの話も似ていますね。
あれは企業が社員や協力会社に責任を押し付けるためのものだと思います。
誰が責任を取らなきゃいけないのか?
そんなことを考えている時点で、逃げを考えているのでしょう。
私も他人のことを言える立場ではないのですが・・・。

あっ、本番ですか?(はい 
たくたくろ #-|2008/10/11(土) 01:28 [ 編集 ]

法令順守(コンプライアンス)・・・  ニッポンは異常です

まさに自分たちを守ることしか かんがえていないですね。

まったく呆れ果てる世のなかになりましたよ・・ 
オオカントク #-|2008/10/11(土) 10:42 [ 編集 ]

確かにいつも攻撃されている気はしますね。
先生と親、いつの時代も相容れないかもしれません。 
虎龍 #-|2008/10/11(土) 19:07 [ 編集 ]

まだ CM中ですか?

大丈夫?

分かりました。いきます。

 ボクはよく先生に 張りまわされました。
ボクが どつかれる事を分かってしていたので
別に 文句は無く、今でも その先生は好きですね。
ウチの親も その先生に文句など言いませんでした。
真剣に怒っているのが 分かっていましたので
何のわだかまりも残る事がなかったんだと思います。

何事も正面向き合って 勝負しないから
うまくいかないようになってきてるように思います。

 
コウリョウ  #BxQFZbuQ|2008/10/11(土) 21:52 [ 編集 ]

この話の内容は無理やり大人社会と子供たちの社会を
結び付けたような内容になっていますが、
私もきっとそのヘンテコな親の仲間かもしれませんね。
そして、ヘンテコ社会の間違いなく一員なのです。
本当は、誰が悪い→それ禁止→罰則ではなく、
そのようにしなければならなかった理由を考えるべきだと
思うのですけどね

ここからの提供は~~~~

続いてまたCMで~す。 
By B #-|2008/10/12(日) 12:19 [ 編集 ]

法を誠実に守ること=人を守ることでは無いということですね。

エキサイト英和辞典で調べてみました。

com・pli・ance /kmplns/

1 (要求・命令などに)応じること,応諾,追従 〔with〕.→
2 人の願いなどをすぐ受けいれること,迎合性; 人のよさ,親切.
COMPLY+‐ANCE

どちらかというと、日本で使われている意味は和製英語のようですね。

人を守ること=自分を守ること
そういう時代がまた来るのでしょうか?
 
By B #-|2008/10/12(日) 12:30 [ 編集 ]

その攻撃をまともに受けてしまう人、さらっと右に左に流せる人
様々ですね。
強いと思っている人でもずーっと受けていると
滴る水で穴の開いた石のように、いつしか傷ついている事に
気付いたりします。

もう後には戻れないのでしょうねぇ

 
By B #-|2008/10/12(日) 12:33 [ 編集 ]

いつからこんな風になったんでしょうかねぇ(-"-)
自分も、そんなにまともな人間じゃなかったですから、
こんな事いえる身分じゃないんですけど(>_<)

今心がけていること。
人の話を聞いてあげること。
自分からそれに対して意見を言うわけではなく聞いてあげる。
その人の今躓いている事が良くわかったりするのです。
まだその境地には至っていませんが(^^ゞ
 
By B #-|2008/10/12(日) 12:37 [ 編集 ]

Bやんが言いたいことはよくわかりしっかりと伝わりました。

本当に今は自分の事しか考えていない人が多いです。
そして人の事ばかり目に付いたり世の中のせいにしています。
待ってる事をやめて同じ目標に一人ひとりが歩き出すことが大事だと思う。

もっといい意味の我を出し角を立てる事も大切。
何かに怯えて付き合うことは勇気を持って断ること。
失う事で大切な何かを得る事があると思います。
 
ダイツネ #s1LjQTHM|2008/10/12(日) 13:22 [ 編集 ]

拝見させていただきました!
応援ポチッ!!! 
サトシ #-|2008/10/13(月) 02:38 [ 編集 ]

私…一歩間違えればモンスターかも~
昨年、一作年と…随分学校に乗り込んで行ったものですよ。
本当にいろいろとありました。

すぐに「誰かのせい」ということではなく、お互いに話し合い
解決していくことが必要だと思うんです。
一方的に文句を言うばかりでも、一方的に押し付けられるのも
どちらも解決にはなりませんよね。

この手の話題は私は山のように言いたいことはあります。
熱くなる前に、この辺で辞めておきますね~。


 
佳音 #-|2008/10/13(月) 16:30 [ 編集 ]

私も乗り込んだ口ですが、学校は問題多いです。
戦後のアメリカにやられた感じがありますね。
いい加減にしたほうがいい。
個人主義は。
アメリカだって滅茶苦茶やんか。
親も先生も、社会全体がどうしてこうなったのか、どうしたら良いのかちゃんと勉強して対策を打たなければいけないと思う。
政治に振り回されてはいけない。
これからの日本を支える人間をダメにしてはいけない。
日本のほとんどの問題がここから派生しているのだから。 
ケロリーヌ #JalddpaA|2008/10/13(月) 21:51 [ 編集 ]

いっつもきてくれてありがたいです。
このようなお話には、皆さんそれぞれ子育てをしている
親御さんたちは多かれ少なかれ感じることがあるようです。
自分のことは勿論大切ですが、自分を大切にするために
みんなを犠牲いにしてもいいのか?
私は、みんないてこそ自分が生きていられるのだと考えています。

だいちゃん、自分間違ってることいってたら『びしっ』といってくださいね。
たまに無性に自信がなくなったりするもんだから 
By B #-|2008/10/13(月) 22:29 [ 編集 ]

いつもありがとうございます。
内容についてもコメントいただけると
よりありがたいです。
よろしくお願いします。
 
By B #-|2008/10/13(月) 22:31 [ 編集 ]

佳音さんもこのようなはなしには、
とても力が入るのは承知しております。
学校は、子供にとっても親にとっても安心していってほしいし、
安心して通わせたい。
今、昼間は学校に子供を【人質にとられている】
状態のような気がしてなりません。

お互い話し合う必要性は大いにあるはずです。
 
By B #-|2008/10/13(月) 22:37 [ 編集 ]

個人主義ですね。
行き過ぎた個人主義とは、さすがいい表現です。
もともと日本は個人主義でなかったのを
戦後無理やり個人主義に方向付けてしまったのですね。
町内会・隣組み・連合神輿・向こう三軒両隣り
そんな言葉があったのかと思うほど、各家庭のからに閉じこもり・・・
過剰に、意識しすぎるのは今でも昔でも嫌がられますが、
あんたたち、「挨拶ぐらいしましょうよ」
自分もするからさ・・・って言ってみたいです。
第一歩はどこから踏み出せばいいのでしょうね。

 
By B #-|2008/10/13(月) 22:45 [ 編集 ]

そうそう、子供たちは今までやってきた大人のしりぬぐいをしてるように思えます。
もっと過去にさかのぼるなら、ご先祖様たちがやってきた失敗が末裔にしっぺ返しとしてきてるって感じ。
最近、中学生が休みだというのに、近所中の空き缶をゴミ袋いっぱい集めてるのを見ました。
そんなの、私は子供の時にしませんでした。
それを資源にして学校で使うのなら良いのですが、もしそれを教育の一環としてやってるなら、やるのは大人なのでは?と思ったんですよね。
また、お祭りにたばこをポイ捨てした人がいて、それを見た小学生が、「あれ?」って顔して
結局、そのたばこを小学生が消してたんですよね。
たぶん、小学生は、親か学校で、そのように習ったのでしょう。
そして、その大人を注意することができなくて、自分達で消したのでしょう。
でも、私より早くその子たちが気づいて消してくれたのは、大人として恥ずかしかったです。
「そのたばこ、おばちゃん捨てとくね」ってもらったんですけどね。
昔に比べてあいさつする子も多いし、それも習うのかな?
塾に行く子も増えてるようだし、そりゃ、大人よりストレスあるんじゃない?って思います。

うちの姑が良い例なのですが、もと保育所の園長先生だったのに、好き嫌いが激しく、家族もそれ。
私は好き嫌いしないように厳しくしつけられたので、
「お母さんは先生だったのに、子どもたちの前で、こんな風に食べ物を残してたのか?」と聞くと、笑いながら、
「あなたのように、今の時代、好き嫌いない人の方が珍しいわよ~」って言うくせに、
まだ1歳のちびすけがご飯を残したら、
好き嫌いないように、食べなくちゃね~」

まず、お前が直せ!お前がお手本見せろ!!

身近に もと先生なんかがいるから、ほんと、そう思っちゃいます。
んでもって、「自分は正しい」と思いこみ、
都合が悪くなれば、どっかの政治家でよく使う言葉、「記憶にございません」
果ては、「年寄り」という言葉をやたらに使って逃げる・・・。

あッ、すいません。
最後の方は 個人的な愚痴になってしまいました。^^
 
ちびすけ #-|2008/10/13(月) 23:34 [ 編集 ]

おはようございますv-279

モンスターティーチャーですか???
息子が6年生の時にモンスターティーチャーと戦いました。
保護者同士の結団力が産まれました。

その時の私達は教師側からするとモンスターだったのですね。

息子が中1の時の担任が保護者からかなり嫌われている先生でした。
何故か、私は、その先生が好きでした。
嫌われている理由が解からなかったので、他の保護者に聞くと
その先生の噂を聞いて、周りの人が嫌いと言うから嫌いって感じでした。
大人なのに、これまた情けない話です。
噂が人を潰しています。

担任の先生に色々と企画を持って行き、クラス会等をしました。
すると今度は、他の教師がひがむのです。
だから学年で何かをしようって事になり
いろいろと協力させて頂いて、私も思い出深い、3年間になりました。
 
MICHIKO #gIYQI5Sw|2008/10/14(火) 08:31 [ 編集 ]

モンスターペアレントにモンスターティーチャーか…
確かにいろんな大人が居て、そんな大人に育てられる子ども…
何がどうなって今のような世の中になってしまってのかしら…?
考えさせられることばかりですが、「まず自分から」と思う今日この頃。
「それは人として正しいか?」を自分に問える生き方が出来ればいいな…。

 
気まぐれ猫 #MDo56pwE|2008/10/15(水) 22:01 [ 編集 ]

しっぺ返しですかぁ。
なんだか考えたくないことですね。
しかし、負の恩恵(?)は、すかなからず私たちも受けてきているのですね。
ということはどこかで方向転換しない限りよくはならないのでしょうか。
私たち、または私たちの子供世代でいい方向に向かうことはできるのでしょうか?
その礎を私たちの代から築くことはできるのでしょうか。
万里の道も一歩から・・・
何か出来ることから始めたいですね。
ちびすけさまのフラストレーションしかと受け止めました。
このようなところでよかったら、いつでもぶちまけてくださいまし。
もしかしたら、ほかの方もそのような場面に出くわしているかもしれませんね
(^u^)
少しでもそのはけ口になる場所であればと思います。
何の解決にもならないかもしれませんが、そのようなことが
ぶつけられる場所も必要だと思うのですよ
まぁ肩の力を抜いてお茶でもどうぞ( ^^) _旦~~ 
By B #-|2008/10/16(木) 00:51 [ 編集 ]

モンスター同士仲良くやろうじゃないの(^u^)
などと簡単に事が運んでしまえばこれほど楽なことはありませんね。
先生たちは、昔に比べてものすごく雑務が増えサービス残業も
相当なものだと聞きます。現に私の息子たちが通っている小学校は
平日はもちろんのこと、土日祭日必ず夜まで電気がついています。
その雑務は、いったい何なのかとも思いますが、それはさすがに聞くことができませんね。
しかし、それ以上にもんすたーとくれば、もうストレスも相当なもののような気がします。
先生たちも人間ですからね。
そうですね、ひがむのも当たり前かもしれません。
学校によっては、先生の管理が相当厳しいようで、書類一つでも
何から何までチェックが入るそうで、これはこれで大変そうです。
それをうわさだけで、虐げられてしまうのは困った大人たちです。
という私も、そういう傾向にあるのかもしれません。
気をつけなければいけませんね。
 
By B #-|2008/10/16(木) 00:59 [ 編集 ]

お久しぶりでございます。
十人十色と申しますから、いろいろな親がいるのは間違いありません。
その親たちは、子供が生れ、ましろなところから育てていくのですから
親の色に染まるのは間違いありません。(持論ですが(^.^))
子を見れば親がわかるとか、親の背中を見て育つなどと申しますが、
いいことも悪いことも、面白いほどどんどん吸収していきますよね。
気まぐれ猫さんが言うとおり「それは人として正しいか?」を自分に問える生き方
すごく、いい言葉だと思います。
私は、その中の1つ「人の嫌がることはしない」これを心がけるようにしています。
必ず、最終的には自分に返ってきますから。
 
By B #-|2008/10/16(木) 01:05 [ 編集 ]

久しぶりに来ました。

なんだか、えらい事になっていますね。

何が間違いで、何が正論なのか わからない状態ですね

みんな 言い分があるのはわかりますが、冷静になっている場合じゃ

ないですね・・・・ヒートアップそれとも オーバーヒート ??


私の出る幕じゃなさそうです・・・ 
オオカントク #-|2008/10/16(木) 18:35 [ 編集 ]

そんなことは無く、皆さんに意見を聞きたいですね。
熱く語る場でも有り、冷静に物事を見てくれる人がいて・・・
意見がぶつかった時、悪意のある人たちでなければ、
それが、破滅的か建設的は別にして話は進行します。
そうやって、意見を交換することは、何を起すにも大切だと思います。
色々な世界の方々話を聞くことこそ、私は大事にしたいです。
どうぞ率直なご意見バシバシお願いします。
そしてそれも貴重なご意見ですから(^^ゞ
 
By B #-|2008/10/16(木) 22:49 [ 編集 ]

お久しぶりです。
おげんきですか?
えらいことになってますねえ。

「考える」作業を常にしていないと、いつまでたっても
良識のある国(国民)にはなりませんね。
考えるとは、仕事の段取りとか、今日の夕食の献立・・・などを
考えるといったものではなくて、いわゆる
哲学的意味合いの濃い思考を積み重ねる作業のことです。
まっとうな話を、クレーマーやモンスターと言われる人に
しっかり伝えれば、ほとんど退散(理解)されます。
最悪という人々も、極少数おりますが 
どの世界にも一定少数割合ですから、仕方ありません。

問題は、考えなくても、ほとんどの人々は生活してゆけるということですね。
何か、個人・家族で大きな問題に直面したときに、どうしても
哲学的思考が必要になります。
今日からでも、子供たちにしてやれることはありますよ。
言葉で、良識・まっとうな考え方を語ってあげることです。
語れなければ、今日から考え始めるしかありませんが
その作業が、大人の反省となるはずのものだと思います。
子供たちを守るということは、
大人が、男も女も自分の言葉で語ることだと思います。
結果は、結果でしかありません。
結果には、従うことになりますが、正しいということではありません。
どんなプロセスで、その結論が出たか が命だと思います。
By Bさん、すばらしいですね。
私も、また元気がでてきました。
まっとうな議論からは、さまざまな良識の卵が産まれてくると思います。
発奮して、内容がムチャクチャになりました。
お許し下さい。 
syuuhou #-|2008/10/22(水) 18:36 [ 編集 ]

私も、モンスターペアレンツの一人かもしれません。
まっとうなことを言っているのかも時折不安になることがあります。
唯一つだけ、子供たちを守りたい
これははずせません。
その一心から興る行動と考えていただけると
私の行動は、とてもわかりやすいです(゚m゚*)プッ
 
By B #-|2008/10/27(月) 00:31 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://byb8787.blog31.fc2.com/tb.php/225-80300f1e

こちらもどうぞ 

 

○●○●○●○●○● 

 

またお待ちしております 

 

今日もあなたの一押しを

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。