こどもたちのやることを見ていたら、興味が沢山わいてきました

いらっしゃいませ 

いつものようにお待ちしておりました

 

我が家の味方です 

我が家の味方です

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
石灰廃棄方法

 生石灰は水分を含むと熱が発生するので、処理にこまってしまいますと言うコメントをいただきました。

 そういえばそうですね。

実際の処理方法は

①別な袋に水分を寄せ付けないよう口を縛って捨てる

②土に埋める
石灰は肥料になるようですが、使用しすぎると、土壌を固くしてしまう性質があるらしい。
土中の水分をゆっくりと吸収するので、反応が穏やからしいが、
雨の日は湯気モウモウになるかも。

実験にもあったように、逆に沢山の水につけちゃう←反応が終わるまで触らない

一応、書いておきますけど、地方自治体の処分方法に従ってくださいね。

※知識として※
・1988年以前は消防法上危険物に指定されていた。
(われ等世代で言えば「つい最近じゃん」)

・水と反応し終えた石灰(消石灰は)、酸性化した河川や土壌の中和剤として使われる

・現在では九州の業者さんが発熱を抑制する生石灰を開発したらしい
http://mainichi.jp/seibu/seikei/onlyone/archive/news/20070706ddp008020006000c.html


こんなに内容を広げるつもりではなかったのですが、
調べるうちに、とまらなくなってきた。

これが寝不足になる原因か(-_-;)




 
2008/01/15 15:08|実験室TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://byb8787.blog31.fc2.com/tb.php/19-2bd2671e

こちらもどうぞ 

 

○●○●○●○●○● 

 

またお待ちしております 

 

今日もあなたの一押しを

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。