こどもたちのやることを見ていたら、興味が沢山わいてきました

いらっしゃいませ 

いつものようにお待ちしておりました

 

我が家の味方です 

我が家の味方です

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
なにしてるの?

私たち父親族は、こどもたちが通っている幼稚園や学校のことを
ほとんど知らないのが本音です←奥さんばかりに任せて(●`ε´●)

学級だよりって見たことあります?
そのクラスごとに出す手紙ですけど、これ学校での様子を知るために重要ですね。

内容は担任のやる気次第で、十人十色・千差万別です。
クラスによっては年間ほとんどださないクラスもあれば、授業の様子や内容までも
細かく伝えてくれる先生もいたり・・・

昨年度の次男の担任は、パソコン隆盛の時代に手書きで学級だよりを出していました。
これがまた、良いんです。若い女性の先生でしたが本当に細かく伝えてくれて、
今1冊の本にになって我が家に帰ってきました。
なんだかアルバムを眺めているような感覚で、これは確実に保存版ですね

学校の先生も、やらなければならないことが増え、忙しい中こういうものに時間を割くのは
大変だという話を聞きました。
それでもこうやって一生懸命に書いてくれて、普段の学校生活がまるでわからない
父親族にとっては、学校のことを唯一理解できる教科書のようなものです。

子どもの持ち帰った手紙がテーブルの上や、棚の上にのっかっていたら
チラッと見てみてください。
少なくとも今何を勉強してるの位はわかってあげたいです(*^_^*)

  にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
↑ひとつづつ   ↑クリックされると  ↑うれしいです

いそがし期間が早く終わってくれないかなぁ~




無料blog



 
2008/04/14 23:55|保護者会TB:0CM:11
学級便りを一冊の本にして配布されたのですか?
凄いですね~。
長男の中学の先生も3年間でどの位学級便りを書いてくれたのでしょう…
長男達が初担任という事で、週1~2枚のペースで、発行させていました。それはそれは熱心でした。
卒業の時には、子供達の一言をDVDにして。しかも思い出のシーンなども取り入れて…素敵な編集で
記念に一人ひとり頂きました。

熱いハートの先生だったので、クラスも子供達はもちろん、親達も…とても盛り上がるクラスでした。

こういっては何ですが、担任次第?
でも、だんだん教員生活がながくなると…忙しさが優先してしまうのかな?仕事も要領よくこなせるようになるとでも言うのか…

 
佳音 #-|2008/04/15(火) 07:46 [ 編集 ]

学校の先生は本当に大変だな~と思いますよ。特にいろいろなことに挑戦している先生は。
たとえば部活動に熱心な先生は、土日も子供たちに付き合い、家族で旅行なんてこともママならない。反面やる気のない先生はひどいもんだと思います。
教育機会の平等なんていわれますが、本当に先生次第だと思います。 
Mark_fk #-|2008/04/15(火) 08:48 [ 編集 ]

学級便りを見ると先生の
熱意がわかります。
先生が熱意があると親も子供も
先生を信頼し、いい関係が築けますね。
学級だより・・なつかしいです。
応援ポチ☆ 
Sky(更年期主婦) #SWpj80tQ|2008/04/15(火) 09:18 [ 編集 ]

私もほとんどノータッチですね。
本当は父親もしっかり見てあげないといけないのでしょうね。
父親失格の烙印を押されてもしかたないです。
結構大事なことですよね。 
たくたくろ #-|2008/04/15(火) 11:38 [ 編集 ]

私は目を通す派ですね。
姫君たちが幼稚園で何をしているか把握できれば
会話がなくなることがないですし
一緒に楽しめることもありますからね(笑)
しかし、手書きとは恐れ入りました!
イイ先生ですね!! 
咲咲親父 #-|2008/04/15(火) 13:37 [ 編集 ]

子供の目線で物事を考えるええ親父だね!
わてもBやんを見習います!P! 
じだいおくれ #s1LjQTHM|2008/04/15(火) 19:37 [ 編集 ]

学級だより、懐かしい響きです。
小、中学生の頃、よく貰いました。
年間で一冊にまとめた先生もいました。
今でも、それをしている先生がいるんですね。
 
桃源児 #-|2008/04/15(火) 21:49 [ 編集 ]

今子供は幼稚園に行っていますが、何をしているのか本当に気になります。
そういうときにこうゆうのがあればいいですよね。 
虎龍 #-|2008/04/15(火) 22:16 [ 編集 ]

先日は色々失礼いたしました<m(_ _)m>
DVDですか(@_@;)
それはびっくりですねぇ~
子どもに対する想いが伝わってくる先生にこそ頑張って欲しいです。
先生生活はやはり、長いものには巻かれろ的な要素がたぶんにあるようです。
話せる時が来れば、お話しようと思います。

Mark_fk 様
先生社会も普通の会社と同じで、サラリーマンです。
ほとんどの先生が自分の身が一番可愛いはずです。
でも普通の人と同じ、自分の職業に誇りが持てるかの違いで、一番差が出る職業ではないかなと思います。
 自分のプライベートタイムを犠牲にしてまで子どもたちのことを考えてくれる先生には、その分の応援の仕方も違います
\(≧∇≦)/ガンバレー

sky様
父親は特に学校との接点がないので、子どもの話以外に
客観的に見ることができるのはこの便りですね(^^ゞ
今の学校は、熱意のある人ない人はっきり分かれるようです。
熱意のない先生は、もともと惰性で仕事をしているか、何かに押しつぶされて失ってしまったか・・・
そんな方がいることに、失望したこともあります。

たくたくろ様
烙印なんて・・・
わたしなんて本当は、凄くひどかったんです。
何がって?
それは聞くも涙、語るも涙の物語
というのは冗談ですが、
仕事ばっかりで家にいるときは子どもの面倒やしつけに関する事は全て奥様任せでした。
子どもたちの本当の可愛さをわかっていなかったんでしょうね。
まだ間に合いますよ( ^∇゚)b
決して過保護ではなく、関心を持ってみるだけで世界が変わりますから
o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

咲咲親父様
えらいです。
ちゃんと目を通すなんて!!
私なんて、ほんとにここ2年位の話ですよ(+_+)
たよりも雑誌と一緒で、自分が求めている内容(一番は学校での様子)
が書いてあれば、目に飛び込んできますが、
単なる、行事予定報告であればあまり見なかったかもしれませんね。

だいちゃん
子どもの目線というのは、本当に面白いもので
時に凄い発見や、新しい見方を教えてくれることがあります。
私の好きな言葉の中に
”童心にかえる”という言葉があります。
子どもの頃の気持ちになって遊ぶようなイメージがありますが、その時の気持ちを思い出すだけで、
なにか新しいものの見方ができるような気がします。

桃源児様
継続は力なりといいますが、ひとつの本になるほどの量を書き続けた先生の労力は計り知れません。
感謝せずに入られませんでした。
考えてみれば、日記すら続かない私に子どもたちの姿を文章にし、
ほぼ毎週、便りにすることなどほぼ不可能でしょう(+_+)
桃源児さんノ時代にもそういう先生がいらしたのですね(*^。^*)
良い先生と会えるだけで、人生が変わると思います。

 
By B #-|2008/04/15(火) 22:41 [ 編集 ]

学級だよりって言葉は知ってたのですが、そうゆうのだったのですね。
子供達の様子がわかって、会話もはずみそう。
その先生もとても熱心な方で次男君も良い先生にめぐまれましたね。
私はまだまだの話ですが、子供の様子を見ながらそれを参考にしてコミュニケーションしていけたらいいな、と思いました。^^ 
ちびすけ #-|2008/04/15(火) 22:47 [ 編集 ]

近い将来必ずお目にかかることになるでしょう。
その時は是非目を通してあげてください。
私も気付けば読むようにしてます。
我が家では、次男の学級だよりを長男が楽しみにしていたというくらい面白いものでしたよv-411 
By B #-|2008/04/16(水) 00:03 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://byb8787.blog31.fc2.com/tb.php/124-81dab8c5

こちらもどうぞ 

 

○●○●○●○●○● 

 

またお待ちしております 

 

今日もあなたの一押しを

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。